bishop records online shop  
 
     
 
home
label list
   Bishop Records
 EMANEM
 EREMITE
 FMP
 Grammophon
Improvising Beings Impro. Beings
 In Situ
 POTLATCH
 RCA classics
 REVENANT
 SUB ROSA
 Agaric
 Crescente
 fontec
 JINYA DISC
 Live Notes
 P.S.F Records
 TRAVESSIA
 その他

artist category
   ABC順
 楽器別
   ├弦楽器
   ├鍵盤楽器
   ├管楽器
   ├打楽器
   ├伝統楽器

   ├作曲家
   ├その他
   └グループ
 ジャンル別
   コンテンポラリー
   ├インプロヴィゼーション
   ├ジャズ・フリージャズ
   ラテン
   ├クラシック
    | 演奏家
    |作曲家
    |  ├近代
    |  古典・ロマン
    |  古楽・バロック
   ├純邦楽
   └
その他

toiawase
goriyoannai
 ご利用案内クイックリンク
 ・送料
 ・代金お支払い方法

shotori hyoji
 
 
 ホーム > JINYA DISC | 高柳昌行 > 商品詳細
 商品詳細
  高柳昌行 / April is the cruellest month
[B-12]

販売価格: 2.680 円 (税込)
希望小売価格: 2.680 円

watchbox
 「"April is the cruellest month"は、米国のフリージャズレーベルESP向けに大橋邦夫の企画でスタジオ録音されたアルバムで、LPは市販されなかった。ジャケットのテストプリントは日本に存在し、本国ではテストプレスも終わっていたと言われているがLPプレス盤は確認出来ていない。メンバーは70年代のニューディレクシ ョンの中では最も長く活動した編成。山崎は、1960年代の銀巴里時代から、森は、幻野祭の数ヶ月前より、ベースの井野は1972年よりはじまった東京タワーホールでの自主コンサート8回目からディレクションに参加している。
 イスクラレコードの小原代表によると「1975年3月にイスクラでECLIPSEを録音した直後に本作の話があり、"April the cruellest month"の発売によりCLIPSEの販売枚数が見込めないと思って、プレス数を大幅に減らす(100枚)事になってしまった」
同年9月に安田生命ホールで発売記念コンサートが行われたが、当日までにLPは間に合わず、その後もLPは届いていない。
 今回のCD化は、LPのテストプリントを元にしており高柳の復刻作「ECLIPSE」「AXIS」「FLOWER GIRL」を手がけてきた高柳ファンでもあるデザイナーの佐々木暁によって発売予定だったLPデザインを忠実に再現した紙ジャケット仕様となった。ジャケット裏面はLPと同じ英文解説付き。日本語解説は1991年再発売時の解説文を転載。裏ジャケットにはLPに合わせ、ボーナストラックを含まない3曲のみ表記されているが、実際にはボーナストラックを含め4曲収録。」(レーベルコピーより)
   
 
 
商品詳細  
仕様  
レーベル JINYA DISC
録音 1975年4月27日
(作曲)
 
(演奏)
高柳昌行(g)
森剣治(reeds
井野信義(cb, vcl)
山崎弘(dr, per)
(収録曲)
 
 
 
  Bishop Records