bishop records online shop  
 
     
 
home
label list
   Bishop Records
 EMANEM
 EREMITE
 FMP
 Grammophon
 In Situ
 POTLATCH
 RCA classics
 REVENANT
 SUB ROSA
 Agaric
 Crescente
 fontec
 JINYA DISC
 Live Notes
 P.S.F Records
 その他

artist category
   ABC順
 楽器別
   ├弦楽器
   ├鍵盤楽器
   ├管楽器
   ├打楽器
   ├伝統楽器

   ├作曲家
   ├その他
   └グループ
 ジャンル別
   コンテンポラリー
   ├インプロヴィゼーション
   ├ジャズ・フリージャズ
   ラテン
   ├クラシック
    | 演奏家
    |作曲家
    |  ├近代
    |  古典・ロマン
    |  古楽・バロック
   ├純邦楽
   └
その他

toiawase
goriyoannai
 ご利用案内クイックリンク
 ・送料
 ・代金お支払い方法

shotori hyoji
 
 
 ホーム > EMANEM | Steve Lacy Kent Carter > 商品詳細
 商品詳細
  STEVE LACY / WEAL & WOE
[EMANEM4004]

販売価格: 2.200 円 (税込)
希望小売価格: オープン

watchbox
 スティーブ レイシー Steve Lacy はアメリカのジャズ・オリジネイターの中でもヨーロッパのジャズ/即興のシーンで非常に高く評価されたひとりであり、その為かヨーロッパのインディーズ・レーベルに多くの録音が残っている。本作はその中でも有名なものをひとつにまとたもので、ソロ・パフォーマンスとアンサンブルの2部構成となっている.ソロ・パフォーマンス部分はレイシーのソロ・パフォーマンスの最初期のものとして有名なLP『AVIGNON SOLO CONCERT』をフル収録。日本では間章による紹介でも有名。この次点で明確な調設定、ソロアドリブ、特殊双方を融合して音楽を構築していくスタイルは既に完成している。また、レコードを背景音に流しながらの演奏などの様々な挑戦も見られる。アンサンブルによるパフォーマンスはLP『THE WOE』としてQUARK からリリースされていたもの。ケント カーター Kent Carter、Steve Potts らとのもので、これも明確なデザインの基にあの独特なレイシー・ミュージックが構築されていく。(近藤秀秋)
   
 
 
商品詳細  
仕様 CD 輸入盤
レーベル EMANEM
録音 track1-8:
1972年8月7-8日 Avignonシアター
track9-11:
1973年月.26日 チューリッヒでのスタジオ
(演奏)
track1-8:
Steve Lacy(ssax)
track9-11:
Steve Lacy(ssax)
Steve Potts(asax)
Irene Aebi(vcl, vo)
Kent Carter(cb)
(収録曲)
全11曲
 
 
  Bishop Records