bishop records online shop  
 
     
 
home
label list
   Bishop Records
 EMANEM
 EREMITE
 FMP
 Grammophon
Improvising Beings Impro. Beings
 In Situ
 POTLATCH
 RCA classics
 REVENANT
 SUB ROSA
 Agaric
 Crescente
 fontec
 JINYA DISC
 Live Notes
 P.S.F Records
 その他

artist category
   ABC順
 楽器別
   ├弦楽器
   ├鍵盤楽器
   ├管楽器
   ├打楽器
   ├伝統楽器

   ├作曲家
   ├その他
   └グループ
 ジャンル別
   コンテンポラリー
   ├インプロヴィゼーション
   ├ジャズ・フリージャズ
   ラテン
   ├クラシック
    | 演奏家
    |作曲家
    |  ├近代
    |  古典・ロマン
    |  古楽・バロック
   ├純邦楽
   └
その他

toiawase
goriyoannai
 ご利用案内クイックリンク
 ・送料
 ・代金お支払い方法

shotori hyoji
 
 
 ホーム > Bishop Records | 吉沢元治 > 商品詳細
 商品詳細
  吉沢元治 / 割れた鏡または化石の鳥
[EXJP018]

販売価格: 2.100 円 (税込)
希望小売価格: 2.100 円

watchbox

 コントラバス奏者・吉沢元治は、60年代に北村英治Qなどのジャズ・バンドに参加後、フリージャズに進んだ、シーンの黎明期を支えたタレントである。また、フリーという文脈以外にも、天上桟敷や赤テントといった日本のアンダーグラウンド演劇を支えてきた人物であり、より広くはクラシックやインプロヴィゼーションといった前提からコントラバスのソロという地平を切り開いた人物でもある。
 クラシック、ジャズ、即興などのジャンルを越境して成立するコントラバスのソロという世界は、世界的にもB.フィリップス、B.ガイ、J.レアンドルなどの多くの名演奏家によって探求されてきた深遠な表現世界であり、日本では吉沢がその嚆矢となった。本作は、間章のプロデュースによって1975年に発表された、彼のコンバス・ソロの原点である。フラジオやピチカートはもとより、アコースティック楽器個々が持つ様々なサウンドが音楽に組み込まれ、それは演奏の強い表現だけではなく、スコアには収まりきらない音響構造を提示してもいる。また、こうした吉沢の音楽が、以降に続く斎藤徹や河崎純といった、独特の身体性と演奏システムを持つ日本のコントラバス・ソロの脈絡の基点ともなった。1975年7月27/28日、軽井沢高原教会にて録音。

   
 
 
商品詳細  
仕様 CD 国内盤
レーベル P.S.F./Bishop Records
録音 1975年7月27/28日
軽井沢高原教会
(作曲)
 
(演奏)
吉沢元治(cb)
(収録曲)
1. ワルツ・トゥ・ランチ
2. 割れた鏡
3. ささやき
4. ビーンズ・ダンス
5. オブセッション No.9
6. 小品
7. 化石の鳥
8. しゃっくり
9. クロッシングス
10. ディスタンス
 
 
  Bishop Records